« 介護実習生 | トップページ | 冷凍みかんのような »

2010/02/01

嬉野・武雄

仕事の関係で長崎は田平へと来た。
最初、高速を使い福岡から佐世保へ出ようと思っていたが、
都市高速を使い、前原、唐津方面から行くことにした。
どこからか忘れたけれど、いつからか新しい道に繋がっていて、
感覚的には早く着いたような。。。?

沢山の人の前で話しをしなくてはいけなかったので、
精神安定のために、平戸大橋を眺めてコーヒータイム。
青い海に赤い橋のコントラストがとても美しい橋。
少し天気が悪くなり始めていて、少し残念な色合い。

Hiradooohasi_2

自分の仕事も終わり、肩の荷が下りたのは夕方5時過ぎ。外は冷たい雨。
この雨では平戸の景色は期待できない(夕焼けが見たかった)

さて・・・、今日から嬉野で「あったかうれしのまつり」が始まる。
そちらに行くことにした。日本三大美人の湯  嬉野温泉

「うれしのあったかまつり」は、100基の灯篭が嬉野の町を彩る。

始まってもう10年になるとか・・・。
灯篭の中には、子供たちの作品もある。
嬉野温泉名物「温泉豆腐」を食べ、雨宿り先々の店先で「嬉野茶」を頂いて、
お腹はチャプチャプになった。やはり雨とこの寒さで人は少ない。

芸者さんも傘をさして、足早に通り過ぎる・・・。

Uresino2 Uresino3_2

豊玉姫神社にお参りする。
白いナマズが祭ってありました。
この神社周辺の町並みは風情があります。

Uresino1_2

長崎放送も取材に来ていましたが、雨に困惑状態でした。

すこし残念なお祭りになりました。

Uresino4_2

次の日は武雄の県立宇宙科学館へ惹かれて入りました。
かなり目を引く、宇宙ステーションのような建物です。
中に入って、すぐ目についたのが、「しろなまこ」
水槽の前にしばらくへばりついていました。

Sironamako

物理や化学、生物、地学、と子供たちにはいい施設だと思います。
いい年したσ(^_^)も楽しみました。
マイナス20度の世界体験、寒かった。地震体験、やはり震度6は激しいです。
プラネタリウムもあります。電子顕微鏡もあるし、
体験しながら科学の不思議を五感で知覚するって感じですね。
シャボン玉の中から外を見る装置では、順番待ちをしていた子供たちに
「ごめんね、もう一回させてね」と大人げないσ(^_^)

またσ(^_^)を釘付けにした、この生物。もう不思議でたまりません。
わくわくしてきます。

Yamatomeribe  Yamatomeribe2

ウミウシの仲間でヤマトメリベ  とゆうらしい。

サンショウウオの孵化したばかりの幼体がいて、
私よりお若い飼育員の方に、しつこく質問をした、いい年のσ(^_^)
鳥の鳴き声や、蛙の鳴き声あてゲームを、
初対面の子供たちと真剣にやりあったいい年のσ(^_^)

σ(^_^)は地球のコアはドロドロの液体だと思っていたけど、
あまりの高温高圧に為に固体だそうだ・・・。知らなかった。
マントルも固体なのね。

頭を使って??疲れた私は武雄温泉へ

Takeo   Takeo2

「千と千尋の神隠し」に出できそうな、重文の楼門。
蓬莱の湯(400円)に入り、出たり入ったりを繰り返し、うとうと傾眠しては覚醒して、
を繰り返し・・・。武雄も嬉野同様アルカリ温泉。柔らかなお湯が心地よい。
人も少なくて、「千と千尋の神隠し」の世界が大好きな私は、
その雰囲気に包まれて大満足でした。

1月は忙しかったな・・・。2月もきっと同じこと言うだろうな。

忙しいとは心を亡くすと書くとはよく言ったものです。

まじめなふりをしてがんばる。
いいかげん。
なんだか怠惰な感じだけれど、自分に余裕がないと気も回らない、気がつかない。
自分がいっぱいになっていると、他者のことを思う余裕もない
自分のために、大切な人のために、誰かのために、
まじめなふりしてる位の余裕を持ち、いい加減はいい塩梅と同じ、
さて・・・また2月も自分が出来ることをただただ、もくもくと参りましょう。

|

« 介護実習生 | トップページ | 冷凍みかんのような »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉野・武雄:

« 介護実習生 | トップページ | 冷凍みかんのような »