« 手放す | トップページ | 御許山 »

2010/06/20

あすなろの緑はより深く

雨が降る音

時間と空間のカーテン

雨がこの世界を濡らして

あのぬくもりを呼び起こさせる

幼い私の手を引いて

大きな手の父

同じ雨の日

ただ一つだけ教えてくれた

「あすなろ」の木の名前と歌と

雨が降る

この世界も雨の音だけになって

「あすなろ」の木々の緑が深くなる

毎晩手を繋いで

眠りについた

どこにも行かないで

ずっとそばにいて

強く強く握っていた

つないだ手はいつか離れるものだと知った

私との約束は何一つ守られなかった

ずいぶんと年月は流れ

そのぬくもりはやがて私の子供たちも

「じいちゃんの手、大きい、あったかい」

目を細めていた

やがてあなたは、

孫も私も自分さえ分からなくなり

自由奔放に生きてきたあなたの

最後のレールを敷いた私

最後まで自由を求めていたあなたに

私が選んだレールはよかったのか

いまだにわからない

雨が降る

雨の音だけがする

雨のたびに

澄んでゆく緑が濃くなり

私は

ごめんなさいと

ありがとうをくりかえしている

|

« 手放す | トップページ | 御許山 »

コメント

ブログ拝読させていただき
とても感動しました。
この思いは伝えなきゃと、折角ですから(o^-^o)コメントさせていただきました♪

投稿: ISEHIKARI | 2010/07/10 11:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あすなろの緑はより深く:

« 手放す | トップページ | 御許山 »