« 菖蒲の花 | トップページ | あすなろの緑はより深く »

2010/06/20

手放す

娘が五年間交際していた人と別れた。

名古屋との遠距離恋愛。よく続いてると思っていた。

彼もよく来福していて、一緒に遊んだりした。

最後は藤の花のときだな。蔵開きのお酒を一緒に飲んだ。

おかげで名古屋にも行けた。

結婚とかまだ先のことだったけど、

一緒の時間はなんとなく心地よかった。

娘が短大を卒業して、専門学校への道を選んだ頃から、

何かが変わったのだろう。彼はもうすぐ30才。あと三年は待てなかったのだろう。。

遠距離だし・・・。二人が納得して出した答えだ。

もう、あの時間を持つ事はなくなり、あの姿を見ることはなくなった。

納得するもしないも、受け入れるだけしかない母親の私は、正直淋しい。

いろんなことはシンクロしているんだろう・・・。

思いを手放す。それはより大いなるものに託すことかもしれない。

楽しい時間をありがとう。 幸せになるんだよ。

ほんとうにありがとう。

|

« 菖蒲の花 | トップページ | あすなろの緑はより深く »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手放す:

« 菖蒲の花 | トップページ | あすなろの緑はより深く »