« 蝉の抜け殻 | トップページ | ぶつぶつ »

2010/09/14

夏の終わり

夏の終わり

砂浜で拾った
名前も知らない白い貝殻を
波に浮かべて
海に返っていくように
夏が終わってゆきます

し残した線香花火
湿気ないうちにと
こっそり火をつけました
小さな花火の
音と火と煙
空へと返っていきました

あちらこちらに転がっていた
蝉の抜け殻も
飛ばしたスイカの種も
いつのまにかなくなって
コオロギがコロコロ
鳴きはじめます

一日の終わり時は
赤とんぼが
もう夏はないかと見廻っています
夏の残骸が
赤とんぼの背中に乗って
幼い記憶へ憧れへと
自由自在に飛び交うのです

赤とんぼを捕まえてはなりません
来年もこの夏が来ますようにと
あの夕陽にお願いして
ただ静かに見ています

赤とんぼが飛んでゆきます
夏が返ってゆくのです。

|

« 蝉の抜け殻 | トップページ | ぶつぶつ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

« 蝉の抜け殻 | トップページ | ぶつぶつ »