« 春の日 | トップページ | まぶしすぎる春 »

2012/08/19

特別展『美のワンダーランド 十五人の京絵師』

特別展『美のワンダーランド 十五人の京絵師』へ行ってきました。

前半と後半期間があり、内容はほとんど入れ替わるとのことで、
私は後半期間に行った事になります。
前半のも見たかったです。

030


国宝 楼閣山水図屏風(ろうかくさんすいずびょうぶ)
池大雅(いけのたいが) 筆

これは前半の展示で、国宝を見逃しました。


036

これは与謝蕪村の作品です。与謝蕪村が絵も描いていた事を初めて知りました。


049

雲龍図屏風(うんりゅうずびょうぶ)
円山応挙(まるやまおうきょ) 筆

これも前半展示なので、実物は見てないのですが、
今回、この方の絵が好きになりました。


15


円山応挙の後半展示の絵・・・見ていて、屏風から鹿が飛び出てきそうな感じでした。
鹿から、ジッーーーと見られている感じ。

Img_1302271_39981791_12

この目線と、細かなタッチは魅力です。


045

仙人掌群鶏図 (さぼてんぐんけいず)

そして、私が大好きな伊藤若冲。でもこれも前半展示で、実物は見れませんでした。

047

若冲といえば、鶏の絵ですね


Img_1302271_39981791_7_2

群鶏図障壁画 … 伊藤若冲

私が見たのはこちら。墨のみで描かれたもの。


B0152027_1012988

墨だけの一色ですが、濃淡だけで迫力を感じました。さすが若冲です。

27

石燈篭図屏風 … 伊藤若冲

若冲といえば鶏、という先入観があったので、この絵はとても新鮮でした。
しかも、橋と燈篭だけですが、点描です。
近くて見ると、細かな点描が見えて、それも凄さを感じるのですが、
これを少し離れて全面を見た時、なんだか夕焼けの風景の中にいるような気持ちになりました。

若冲が、一つ一つの点の筆を置くたびに、何を思いながら置いたのでしょう。
私達が夕焼けの風景を見る時に思うことと同じかもしれないな・・・とそんなことを感じながら、
しばらく見とれてしまいました。
この絵の前から、離れたくない気持ちになりました。

今回の特別展『美のワンダーランド 十五人の京絵師』後半展示の、
私のお勧めはこの絵です。

※写真の使用は「九州国立博物館」から 提供をうけました。









|

« 春の日 | トップページ | まぶしすぎる春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32255/55462936

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展『美のワンダーランド 十五人の京絵師』:

« 春の日 | トップページ | まぶしすぎる春 »